E-mail
お知らせ
建築史学会の概要
学会誌「建築史学」
論文投稿規程
建築史学会賞
大会および記念行事
保存要望書
Journal of S A H J.
問い合わせ
イベント情報








次回の大会および記念行事
1984年~
1990年~
2000年~
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2022年度大会(研究発表会・総会)ならびに記念行事
 建築史学会の2022年度の大会(研究発表会・総会)ならびに記念行事を下記の通り開催いたしました。

日時
2022年4月16日(土)10:00~17:30

開催担当校
長岡造形大学

開催方法
Zoomによるオンライン開催

一.研究発表会(10:00~12:00)
1人1発表20分以内、質疑応答10分以内(交代時間含む)
 司会 土本俊和(信州大学)
 1.華 揚「川渝地域における擬木造の石闕についての編年・復元研究」
 2.倉田慧一「ルイス・サリヴァンの装飾図案における社会思想の表現―装飾図案集とその草稿の分析を通して」
 3.白井明宏「組立工程からみた金閣の技術的特質」
 4.横山 舜「寛永期仁和寺金堂再興における建築平面の計画過程とその実現」

二.総 会(13:00~14:00)
 第26回建築史学会賞授賞式/2021年度経過報告/2021年度会計報告/会計監査報告/2022年度活動計画 等

三.記念行事(14:30~17:30)
 シンポジウム「地域から語る戦後建築」
 司会 平山育男(長岡造形大学)
 [プログラム]
 14:30〜14:40 開会・趣旨説明 平山育男(長岡造形大学)
 14:40〜 報告
  1、新潟県の戦後建築 津村泰範(長岡造形大学)
  2、富山県の戦後建築 森本英裕(早稲田大学理工総研)
  3、石川県の戦後建築 山崎幹泰(金沢工業大学)
  4、福井県の戦後建築 市川秀和(福井工業大学)
  5、長野県の戦後建築 梅干野成央(信州大学)
 16:20〜16:30 休憩
 16:30〜17:30 全体討議
  情報提供 今本啓一(東京理科大学)、下村 匠(長岡科学技術大学)