E-mail
お知らせ
建築史学会の概要
学会誌「建築史学」
論文投稿規程
建築史学会賞
大会および記念行事
保存要望書
Journal of S A H J.
問い合わせ
イベント情報









浅川滋男教授退任記念講演ツアー
東アジアの禅宗寺院と楊州檜巌寺址
廉馥圭ソウル市立大教授・特別講演会
京町家再生セミナー「「町家構え」とは何か-京町家カルテ委員長が見た京町家」
文化遺産国際協力コンソーシアム 令和5年度シンポジウム
文化遺産国際協力コンソーシアム 第32回研究会
講演会「千總・西村家の町家図面を読み解く」
文化遺産国際協力コンソーシアム 令和4年度シンポジウム
文化遺産国際協力コンソーシアム 第31回研究会
千葉大学 マーティン・N・モリス先生最終講義
西脇小学校重要文化財指定記念シンポジウム
大阪くらしの今昔館「大工頭中井家伝来 茶室起こし絵図展」
京都建築映像祭2021
京都大学総合博物館「増田友也の建築世界─アーカイブズにみる思索の軌跡」
竹中大工道具館「天平の匠に挑む―古代の知恵vs現代の技術」
GALLERY A4「天平の匠に挑む―古代の知恵vs現代の技術」
竹中大工道具館「CLT―未来をつくる木のイノベーション」
ノートル=ダム・ド・パリ日本語翻訳プロジェクト
東京文化財研究所 研究会
分離派建築会100年展
東北歴史博物館 特別展
竹中大工道具館 企画展
第419回生存圏シンポジウム
東京文化財研究所研究会
日韓建築シンポジウム
土居義岳名誉教授【再起動】記念シンポジウム
2019年度都市史学会大会
公開研究会「近現代神戸の空間編成を捉えなおす」
パリ・ノートルダム大聖堂の再生へ向けて
近代建築の保存と再生 講演会 第22回
建築家・富家宏泰 生誕100年記念回顧展
竹中大工道具館 開館35周年記念巡回展
近代建築の保存と再生 講演会 第21回
戦後空間シンポジウム03
旧遠山家住宅 シンポジウム
竹中大工道具館 企画展
近代建築の保存と再生 講演会 第20回
「旧渡辺甚吉邸」見学会
分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回
講演「文翔館と設計者・田原新之助の生涯」
楊州檜巌寺址の世界遺産登録推進のための国際学術大会「東アジアの禅宗寺院と楊州檜巌寺址」

プログラムの詳細は下記リンクをご覧ください(外部サイトに移動します)
→ https://form.naver.com/response/FGNLLfOE_zp0qVLtRhqA2w

〇日時 :2024年6月14日(金)13:30-18:00
〇会場 :大韓商工会議所 国際会議場B2F(ソウル特別市中区世宗大路39)
〇主催 :京畿道、揚州市
〇主管 :建築文献考古スタジオ
〇後援 :韓国建築歴史学会、韓国中世考古学会
〇申請 :https://form.naver.com/response/FGNLLfOE_zp0qVLtRhqA2w
〇同時通訳付きでウェビナーで送信、発表資料集オンライン提供

■開催趣旨
楊州檜巌寺址は14世紀に東アジアで流行った禅宗における修行と生活のための規範である「清規」に基づいた空間構成を具体的に示す考古遺跡である。同寺は14世紀末に再興され、17世紀中葉には廃寺となった。しかし、建物址と高僧らの記念碑の配置を通して高麗時代の禅宗が朝鮮時代にも引き継がれていたことを確認することができ、約250年間にわたって禅宗文化の伝承と発展を窺うことができる。同遺跡は前記した価値が認められ、2022年7月に世界遺産の暫定リストに記載された。世界遺産登録のための推薦状作成においては、楊州檜巌寺址の遺跡としての価値を「文化交流」の側面から考察する必要がある。そこで、同時期(13〜14世紀)における東アジアの禅宗寺院建築の様子とその後の変化を調べた上で、檜巌寺址の遺跡としての位置づけについて日中韓の研究者を招聘して議論する。

■プログラム
司会 :韓旭(ハン·ウク、韓国伝統文化大学校)

基調講演
「伝播と受容による楊州檜巌寺再興の建築的な成果」
 講演_金東旭(キム·ドンウク、京畿大学校名誉敎授)

発表
「明清代の福建省沿岸部における寺院配置の特徴と日本黄檗宗寺院の配置に及ぼした影響」
 発表_李沁园(リ·チンウィウェン、中国文化遺産研究院)
 討論_玄勝旭 (ヒョン·スンウク、江原大学校)

「13~14世紀の日本における禅宗寺院」
 発表_鈴木智大(スズキ·トモヒロ、奈良文化財研究所)
 討論_趙明濟(ゾ·ミョンジェ、新羅大学校)

「ベトナムの仏教建築」
 発表_林英昭(ハヤシ·ヒデアキ、静岡理工科大学)
 討論_姜熺靜 (ガン·ヒジョン、西江大学校)

「高麗時代の禅宗寺院」
 発表_韓志晩(ハン·ジマン、明知大学校)
 討論_李卿美(イ·ギョンミ、歷史建築技術硏究所)

「東アジア禅宗寺院の典型としての楊州檜巌寺址」
 発表_李承蓮(イ·スンヨン、建築文獻考古スタジオ)
 討論_文玉賢(ムン·オクヒョン、国立ソウル文化遺産研究所)

総合討論
 座長_曺在模(ゾ·ジェモ、慶北大学校)